梅雨の時節に心配なこと。 それは

肌トラブルに気をつけよう!!
■HOME >> 梅雨の時節に心配なこと。 それは

梅雨の時節に心配なこと。 それは

梅雨の時節に心配なこと。

それはカビではないでしょうか。



人の肌に住んでいる常在菌も、高温多湿という環境下ではいつもより多くなります。真菌の一種である、マラセチア菌が原因とされるいわゆる「でん風」という皮膚病がありますが、体の色々なところに発症します。
茶色いシミのように発症するでん風もありますが、そこだけ色が抜けたように真っ白になってしまう場合もあります。ただのシミと思わずに、よく観察してみましょう。


ちょっとでも気になることがあるようなら、迷わず、皮膚科へ行ってみるべきです。

潤いのある肌は保湿が十分できていて、シミのもとになるメラニン色素も増えにくくなります。
肌全体の水分が十分保たれ、潤っていると水分と油分がバランス良く保持されていて、きめ細かい肌になっています。
しっとりしてきめの整った肌はバリア機能も十分で、肌の奥まで紫外線が届きにくくなって、シミ予防の効果もあるのです。日頃から保湿ケアを欠かさず、乾燥しないように気をつけなければなりません。



皮膚のかゆみをがまんできずに何度も強く掻いたり、風邪の時に何度も鼻をかんだりしていると、それだけで肌は薄くなるそうです。肌の外側にあって外界に接している表皮はとても薄い層がいくつも重なってできており、引っ掻いたり擦ったりすると、薄い層はどんどん減っていくのです。表皮は皮膚のバリアです。
バリアが薄くなるとその下の真皮までダメージが届いてしまいます。
真皮が損傷を受けてしまうと状況は深刻です。
真皮は肌を支える重要な力をなくして、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。

お肌のシミができるのは年齢によるものや紫外線によるものが主な原因ですが、疾患が原因として考えられることもあるでしょう。


たとえば、急に日増しにシミが目立つようになってきたとすれば、疾患が起こる前触れであったり、また、病気が進んでいる状態かもしれませんから、なるべく早めに病院で相談する必要があります。



ファンケル無添加スキンケアは、なにも無添加を守ることだけに力を注いでいるのではないのです。お肌が元々持っている力を甦らせ、その美しさが復活するよう、肌細胞の活性化を促進し、肌細胞のダメージを改善することも大切にして商品にしています。


ずっと使っていくと健康で輝く肌に変われるでしょう。最近、同年代が太ってきているので、そうなる前に置き換え食ダイエットに取り組みウエスト6cm減の目標を達成しました。


全体に適度な引き締めを期待してサプリで栄養補給してストレッチも欠かさなかったのに、デコルテから顔にかけてのシワが部分的にとても目立ってきたような気がするんです。せっかく痩せたのに、残念です。

どこが悪かったとかは思い浮かびませんが、とりあえず普段は酵素を飲むくらいにとどめ、スキンケアを優先させ、落ち着いたらダイエットに再挑戦しようと思っています。皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、表皮や真皮といった皮膚を構成するすべての組織、細胞のひとつひとつに酸素と栄養を届ける大事な通り道であり、逆に細胞から排出される老廃物を排出するパイプにもなっています。


大事な毛細血管なのですが、喫煙によって収縮を起こしてしまいます。

道が狭くなり、毛細血管の隅々まで栄養が届かなくなります。このため表皮が弱って、その大きな機能の一つであるバリアの機能が低下し、真皮もそれと共に機能を弱めてしまうのです。

このようにして肌は張りや弾力を失ってしまい、シワ、たるみが増える理由です。


健康的な肌を保つためには、禁煙した方がいいでしょう。


お肌にダメージがあると、シミの原因となってしまう場合があります。例として、日光による炎症があります。ひりひり気になるときだけではなく、痛まないときでも隠れダメージが起こっています。


スキンケアの基礎とは、日々の外出時の紫外線対策をさすのかもしれません。ヨーグルトは栄養豊かで、乳酸菌やビタミンB、フルーツ酸などを特に多く含んでいます。乳酸菌は腸内で有害な物質の発生を抑え、お肌の健康を保つ働きがあります。
ビタミンBはお肌が生まれ変わるのに必要なエネルギー代謝を高める作用があります。


また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層が緩んで、はがれていくようにする大事な作用があります。



このような作用を生かすことでお肌のシミやくすみ対策の効果を果たしています。

ですから、ヨーグルトはシミを薄くするためにも、摂りたい食べ物です。肌のくすみが目立つ原因として糖分を摂りすぎていないか考えてくださいね。
オヤツなどで糖分を摂り過ぎてしまうと化粧や、その他のケアが完璧でもお肌がくすんで、黄ぐすみ状態になることがあるのでしょう。コラーゲンと糖は結びつきやすく、その結果コラーゲンの働きが弱められているのではないでしょうか。

コラーゲンと糖が結合し、有害な糖化物質になることをコラーゲンが糖化したといいます。お肌だけでなく全身の老化を早めないように、甘いものの摂りすぎは止めてくださいね。

メニュー

Copyright (C) 2014 肌トラブルに気をつけよう!! All Rights Reserved.